農業 Iターンの比較ランキング
農業Iターン > お役立ち情報 > 農業で儲けるためには

農業で儲けるためには

img_77916324

収入も考えましょう

昨今では田舎でスローライフを満喫しながら農業を営みたいという方が増えて来ているようです。
しかしいくらスローライフとはいっても、やはり収入としてある程度の成功を収めなければ口に糊することすら難しくなってしまうでしょう。

つまり儲けがでなければ折角始めた農業も無駄になり、スローライフを満喫することすら叶わなくなることが想定できます。
では、農業で実際に儲けていくにはどうすればよいのでしょうか。

農産物の販売方法

実際に農業で収入が発生するのは作物を育てて出荷段階まで漕ぎ着ける必要がまずあります。
できた農産物を実際に売っていくわけですが、その方法にはJA、全国農業協同組合連合会による共選、グループ共選、個選と3つあります。
まず個選の場合ですと、これは個人で出荷および買い取ってもらうことを指し、市場で競りにかけるには数が少ないということと、時間がかかるという点から安値となってしまう傾向があるとされています。

ですので、小売店に直接買い取ってもらうという形もあるようですが、一箇所で生産物全てを買い取ってもらえるわけではありませんので、買い取り先を探すのに手間がかかってしまうことが想定できます。

共選とは

そして共選ですが、これは農産物を販売するにあたってポピュラーな方法と言えるでしょう。
まずJA共選についてですが、これはJAに買い取ってもらうというより委託販売になり、生産者からJAを通して市場で競りにかけられるという形になっています。

メリットとしては大量の生産物を捌くことができるという点がありますが、もちろん仲介を通すことによる手数料が発生しますので、収益を考えるのであればこの点も把握しておきたいところです。

また、卸先に販売されてから農家へ支払う金額が決定しますので実際に手元にお金が入るまでに時間がかかったり、予想より低価格となってしまうこともあるようです。
グループ共選の場合ですと、複数の農家の方が集まり出荷するために農産物を選り分けて市場に出荷する形となっています。

農業求人サイトのおすすめ比較ランキング!

あぐりナビ

求人件数700件以上
掲載エリア全国の求人
情報量農家に訪問して情報収集・写真付き満載
その他専任アドバイザーへ無料相談可能(電話・メールOK)

求人を見る

農家のお仕事ナビ

求人件数200件以上

新規就農相談センター

求人件数100件以上
Copyright© 農業Iターン All Rights Reserved.