農業 Iターンの比較ランキング
農業Iターン > お役立ち情報 > 農業の雇用制度について

農業の雇用制度について

料理をする女性

農業の雇用制度について

新規就農者にとって関わりの深い雇用制度に、農の雇用事業と呼ばれるものがあるのをご存知でしょうか。
これは主に農業法人などが研修などの名目によって就業希望者を雇用する場合や、もしくは次世代の経営者の育成を目的に必要となる役職員を派遣するための人件費に対して助成金が出るというもので、これから先に新規就農者が事業を拡大する折にも活用する機会があるかもしれません。

これら農の事業は農林水産省および全国農業会議所が実施している事業となっています。

農の雇用事業とは

まず農業の雇用事業のうち、前者の研修を目的として就業希望者を雇用する場合ですと、正式には農業法人就業実践研修支援事業となっています。
一方、経営者の育成のほうでは次世代経営者育成派遣研修支援事業と若干名前とその要件が変わってきます。

具体的なその内容として、年間における助成金の最大額が120万円までとなっており、独立のための研修の場合ですと3年目以降が半額の60万円で、支援期間としては最長で2年という制限があるようです。

農の雇用事業について

農業法人就業実践研修支援事業の場合では、まず対象となる就業希望者として45歳未満であること、農業の就業経験が5年に満たないこと、また研修後に農業を続けるか、または独立して農業を営む場合に限られますので、新規就農者を雇用するための助成金であることがわかると思います。

次世代経営者育成派遣研修支援事業ですと、55歳未満であること、元々家業を継ぐ意思があり尚且つ就農に加え経営までも関わりがあるか、派遣元の農業法人などの役員または正社員である必要があります。

もちろん、その研修が終わった後には経営者として尽力する必要もあるとされています。
そしてもう1つ、近年において東日本大震災といった痛ましい災害がありましたが、その復興支援として被災者を雇用する場合でもその研修費用として、農の雇用事業の対象となっているようです。

農の雇用事業の情報

農の雇用事業については農林水産省の公式サイト、並びに全国農業会議所やまたはその窓口である全国新規就農相談センターのサイトにて詳細が記載されていますので、活用してみたいという方は一度チェックしてみるといいと思います。

農業求人サイトのおすすめ比較ランキング!

あぐりナビ

求人件数1,000件以上
掲載エリア全国の求人
情報量農家に訪問して情報収集・写真付き満載
その他専任アドバイザーへ無料相談可能(電話・メールOK)

求人を見る

農家のお仕事ナビ

求人件数200件以上

新規就農相談センター

求人件数100件以上
Copyright© 農業Iターン All Rights Reserved.