農業 Iターンの比較ランキング
農業Iターン > お役立ち情報 > 農業働きながら通える学校

農業働きながら通える学校

gatag-00012902

社会人の方が農業について学ぶならば

これから農業を始めるにあたって必要な知識、または経験は農業研修制度もしくは農業大学校にて得ることができます。
農業研修制度の場合ですと、通いながら月に賃金が発生するものがありますが、後者の農業大学校に通う場合ですと、社会人ならば生活を維持しつつ通う必要も出てくると思いますので、なるべくならば働きながら通えるのが理想と言えるでしょう。

農業大学校の場合

そんな方に向けて農業大学校によっては夜間に農業講座を開催しているところもあるようです。
しかしこれは年単位で募集されていることがほとんどですので、機会を逃してしまえばまた来年まで待つ必要が出てきます。
流石に一年間もの時間を待つのはかなり無駄が大きいですので、別の選択肢を模索する必要があると言えます。

週末を使って学べる機会

そこで利用したいのが、週末を使って農業について学ぶことができるという民間団体や地方自治体が開催しているイベントがあります。
こういったものの中には就農準備校と呼ばれるものが存在しており、誰でも受講することができますので社会人が働きながら新規就農に関する知識を学ぶにあたりうってつけと言えるものとなっています。

また就農準備校によっては週末および夜間に学べるものや、合宿コースといったものも実施されているようですので、各個人の状況に合った学び方を選択できるのも特徴といえるでしょう。
しかし就農準備校のデメリットとして、その数が少ないということが挙げられ全国に8ヶ所しか存在しないために、働きながら通える人はかなり限定されるかもしれません。

就農準備校の情報

就農準備校についての諸情報も農林水産省のサイトにて参照にすることができますので、興味のある方は一度ご覧になってみて下さい。
もちろん、各就農準備校のサイトもありますので、こちらも合わせてご覧になってみるとよいでしょう。
その他、全国農業会議所が開設している全国新規就農相談センターでも就農準備校についての情報が記載されているようです。

農業求人サイトのおすすめ比較ランキング!

あぐりナビ

求人件数1,000件以上
掲載エリア全国の求人
情報量農家に訪問して情報収集・写真付き満載
その他専任アドバイザーへ無料相談可能(電話・メールOK)

求人を見る

農家のお仕事ナビ

求人件数200件以上

新規就農相談センター

求人件数100件以上
Copyright© 農業Iターン All Rights Reserved.