農業 Iターンの比較ランキング
農業Iターン > お役立ち情報 > 青年等就農資金

青年等就農資金


青年等就農資金とは

青年等就農資金とは、日本制作金融公庫農林水産事業が行っている、新たに農業経営を開始する方に向けた無利子の資金のことです。
対象者は、認定新規就農者といい、市町村から青年等就農計画の認定を受けた個人あるいは法人を指しています。
資金の用途は、青年等就農計画の達成に必要な、市町村の特別融資制度推進会議の認定を受けた事業に限られています。
具体的には、農業生産用の施設・機械、農産物の処理加工施設や販売施設の購入など、家畜の購入費、果樹や茶などの新植・改植費のほか、その育成費、農地の借地料や施設・機械のリース料などの一括支払い、その他経営開始に伴って必要となる資材費などが対象となり、農地の取得費用は対象外となっています。
返済期間は12年以内で、そのうち5年は措置期間となっています。
融資限度額は3700万円で無利子、実質無担保、保証人も不要で借りることが出来ます。
また、新たに就農を希望する方には、農地、資金、農業技術の習得など就農に向けた情報を地域の相談窓口がサポートしてくれます。
自分が就農したいと思う自治体に問い合わせてみるといいでしょう。
この青年等就農資金のほかに、自治体独自で行っている資金以外の様々な支援などを受けられる場合もあります。

青年等就農資金が導入された背景

この青年等就農資金が導入された背景には日本が抱える、基幹的農業従事者の高齢化の進展という問題が存在しています。
持続可能な農業を実現するためには、政府資産で1年に2万人の若い新規就農者が定着することが必要、となっています。
これは、かなり高いハードルですね。
1年で2万人、しかも若い人が、定着する必要があるわけです。
現実には平成24年に40歳未満の新規就農者は15000人にとどまり、そのうち定着したのは1万人程度と言われています。
目標の半分にしか至っていないということです。
この問題を解決するために、導入されたのが、この青年等就農資金というわけです。
この制度ですべての問題が解決するわけではもちろんありませんが、問題解決への一助となることには違いなく、さらなる活用が望まれます。

農業求人サイトのおすすめ比較ランキング!

あぐりナビ

求人件数1,000件以上
掲載エリア全国の求人
情報量農家に訪問して情報収集・写真付き満載
その他専任アドバイザーへ無料相談可能(電話・メールOK)

求人を見る

農家のお仕事ナビ

求人件数200件以上

新規就農相談センター

求人件数100件以上
Copyright© 農業Iターン All Rights Reserved.