農業 Iターンの比較ランキング
農業Iターン > 農業Iターンの支援エリア > 徳島県 農業Iターン

徳島県 農業Iターン

87cbfe61696bcc7e84f7a5cf47b8f99a_s

徳島県の農産物

徳島県では、水稲栽培、いちご、西日本一の産地規模を誇るカリフラワー、一年中収穫できるねぎ、ほうれんそう、ハウス栽培も露地栽培も出来て貯蔵施設も整っているため、通年での供給が可能となっているすだち、柚子と橙が自然交雑してできたと言われるゆこう、こちらもハウス栽培、露地栽培、貯蔵物と通年での供給が出来る温州みかん、大梅など、豊富な種類があります。

徳島県の移住交流支援センター、NPO法人

徳島県では各自治体が移住を希望する方々に向けてワンストップ窓口を設置しています。
そこでは、地域住民や関係団体と連携し、空き家情報の提供や体験交流情報の提供が受けられたり、地域定住アドバイザーからの助言を受けられたり、山里暮らし体験や果樹オーナー制度を実施している自治体もあり、様々な形で移住希望者をサポートしてくれます。

各自治体によって、支援の内容が多少異なっていますので、住みたい地域、体験したい地域などがあるなら当該自治体へ、特になければ、まず問い合わせをしてみましょう。
また、徳島県三好市に本部のあるNPO法人では、田舎暮らしを体験したい、田舎でずっと暮らしたいという方々に向けた賃貸住宅や分譲住宅のあっせんを行っています。

賃貸住宅は敷地内に家庭菜園があり、農機具や共同農園、ビニールハウスまで、農業体験に必要な設備や道具がすべて揃っているという厚遇ぶりです。
分譲住宅は一戸建てるごとに1ヘクタールの山が手入れされる仕組みになっており、住宅そのものも徳島県産の優良杉を使った丈夫な造りとなっています。
興味のある方はこのNPO法人へ資料請求してみるといいでしょう。

徳島県への農業Iターン

徳島県は各地域でとれる作物が異なります。
まず、就農する時には、地域で選ぶのか、作りたい作物で選ぶのかなど、就農に対するイメージを明確にすることが必要です。
イメージが固まったら、徳島県新規就農相談センターやニューふぁまーずフェアなど就農相談窓口へ行きましょう。

そして農業に関する知識や技術を習得するために、アグリテクノスクールで受講したり、研修受け入れ農業法人での研修を受けることになります。
その後、作物の選定、専業、兼業の選択、露地、施設栽培など栽培手法の選択を経て自分の経営スタイルの明確化をしていきます。

それからやっと自己資金の準備に入ります。
就農支援資金などの融資を受け、やっと就農開始となるわけです。

自然相手の商売ですから、すべてがバラ色というわけではありませんが、自分の力で出来ることをきちんと行い、助けてくれる人や団体から助けを借りることで、徳島県で農業をやるためにIターンすることの将来に関する不安は減らせるでしょう。

農業求人サイトのおすすめ比較ランキング!

あぐりナビ

求人件数1,000件以上
掲載エリア全国の求人
情報量農家に訪問して情報収集・写真付き満載
その他専任アドバイザーへ無料相談可能(電話・メールOK)

求人を見る

農家のお仕事ナビ

求人件数200件以上

新規就農相談センター

求人件数100件以上
Copyright© 農業Iターン All Rights Reserved.