農業 Iターンの比較ランキング
農業Iターン > 農業Iターンの支援エリア > 淡路島 農業Iターン

淡路島 農業Iターン

勧める若い女性

淡路島の魅力

瀬戸内気候の淡路島は、温暖で年間平均気温が16℃と温かく、冬でも積雪がほとんどない暮らしやすさです。
真冬でもホウレンソウや白菜、レタスなどの栽培が十分に可能な環境であり、夏でも海風が通り抜け、体感気温が低く感じられると言います。

大阪湾、有馬灘、紀伊水道で囲まれた淡路島は、魚種の多さと味の良さは折り紙付きで、農産物では、地域ブランドに認定されている淡路島玉ねぎを筆頭にレタス、白菜、ピーマンなど多様な野菜が作られています。

淡路島で暮らしたいと思ったら

そんな魅力的な淡路島で暮らしたい、と思ったらまず、あわじ暮らし総合相談窓口にアクセスしてみてください。
ここはNPO法人によって運営されている、淡路島への移住をサポートしている団体です。
担当の方の言葉を借りると、あわじ暮らしを実現させるために、地域選びや、家探しから様々な相談に乗ってくれます。

淡路島への農業Iターンを成功させるための八カ条

このNPO法人では、安易な移住や就農を薦めているわけではありません。
Iターン希望者の生活を支えるためにも、移住を成功させるための条件をいくつか挙げています。

第1に、なにはさておき、相談すること、としています。
どの地域でどんな暮らし方をしたいのか、どうやって生計をたてえるのかなどが決まったら、各所相談窓口へ行くように勧めています。

第2に都会に近いとはいえ、農村地域は車が必須である、としています。

第3に農業を甘く見ないこと、としています。
本気で農業をしたいならまず、農業改良普及センターや楽農生活センターへ相談し、自己資金を1000万円準備するよう勧めています。

第4に移住後に勤め先を探すのは困難であるとしています。

第5に家庭菜園は転居してから考えること、としています。
物件探しの際、畑がついていることを条件に挙げる方がいるそうですが、まず地域に溶け込み、休耕している田畑などを借りること、としています。

第6に物件探しは、インターネットで済ませるのではなく、地元に足を運ぶこと、としています。

第7に田舎では濃密な人間関係を覚悟すること、とあります。
ポツンと山中で一人暮らしはおとぎ話だと思って、と戒めています。

第8にまずはお試しで暮らしてみる、とあります。

淡路島、と一口に言っても地域や集落によって雰囲気や移住者に対する対応も大きく違っているので、まず、アパートや借家に住んで自分たちに合う地域を時間をかけて探すよう勧めています。

この8カ条を踏まえて、まずはお試しからトライしてみてください。

農業求人サイトのおすすめ比較ランキング!

あぐりナビ

求人件数700件以上
掲載エリア全国の求人
情報量農家に訪問して情報収集・写真付き満載
その他専任アドバイザーへ無料相談可能(電話・メールOK)

求人を見る

農家のお仕事ナビ

求人件数200件以上

新規就農相談センター

求人件数100件以上
Copyright© 農業Iターン All Rights Reserved.