農業 Iターンの比較ランキング
農業Iターン > 農業Iターンの支援エリア > 福嶋県会津美里町 農業Iターン

福嶋県会津美里町 農業Iターン


福島県会津美里町のいま

福島県、というと東日本大震災の被災地、というイメージがありますね。
会津美里町は平成17年10月1日に、会津高田町、会津本郷町、新鶴村の旧3町村が合併して誕生した新しい町です。
東日本大震災の折は、沿岸よりやや内陸に位置していることから、津波は到達しなかったものの、重軽傷者1名、半壊家屋2棟、一部破損家屋11棟と被害を受けています。
そして福島第一原発の放射能汚染による被害からは逃れられず、今でも各方面で不自由な生活を送っておられる方がいらっしゃいます。

福島県会津美里町の農業

そんな福島で農業など出来るのか、と思われるかもしれませんが、東京大学の早野龍吾教授が大震災直後から、Twitterなどで訥々と情報を発信されているように、例えば、福島県産米全量全袋検査において、毎年1000万袋以上検査を実施しており、そのうち基準値を超えたのは平成24年度では71袋、平成25年度は28袋、平成26年度はゼロだったという結果からも、食の安全は確保されていると言えるでしょう。
福島産の米は、安全だということの証左ではないでしょうか。
福島県会津美里町の農業の中心も、やはり米です。
4170ヘクタールの耕地面積のうち、田んぼは3320ヘクタールを占めています。
総世帯に占める農家の割合は約3割で、専業農家は24%ほどと、町の主要産業が農業であることを示しています。

福島県会津美里町のIターン補助事業

福島県会津美里町では、UターンIターンで農業に取り組みたいと考える人たちに向けて積極的な情報発信が行われています。
新たに福島県会津美里町に移住し、農業に取り組みたいと考える人に対して、福島県会津美里町から補助金が交付されます。
内容は、農家の跡取り就農の場合、月5万円が3年間交付され、町外から転入し、就農する方に対しては月10万円が3年間交付されます。
交付要件は町内に住所を持ち、そこに住んでいること、申請時の年齢が40歳未満であり、5年間かつ年間150日以上農業に専従すること、県知事より就農計画の認定を受けること、就農後5年以内に認定農業者になる意思があること、と以上の条件を満たす方となっています。
3年間の補助金が受けられるというのはとても心強いですね。
これを利用して、福島県会津美里町で農業を始めてみるのはいかがでしょうか。

農業求人サイトのおすすめ比較ランキング!

あぐりナビ

求人件数1,000件以上
掲載エリア全国の求人
情報量農家に訪問して情報収集・写真付き満載
その他専任アドバイザーへ無料相談可能(電話・メールOK)

求人を見る

農家のお仕事ナビ

求人件数200件以上

新規就農相談センター

求人件数100件以上
Copyright© 農業Iターン All Rights Reserved.