農業 Iターンの比較ランキング
農業Iターン > 農業Iターンの支援エリア > 種子島 農業Iターン

種子島 農業Iターン

young asian woman showing on blue background

種子島ってどんなところ?

種子島、というとまず思い浮かぶのが、鉄砲伝来の地ということですね。
また近年は宇宙開発機能の種子島宇宙センターがある島として有名になっています。

島全体が平坦で山がなく、亜熱帯の温暖な気候であることから農業が盛んで、主な農産物はサトウキビ、サツマイモ、タバコ、お茶、エンドウ、球根などが挙げられます。

種子島が進める農業Iターン事業の内容

2006年開設された種子島UIターンサポートセンターのホームページには、移住希望者に向けての情報が発信され続けています。
その一部を紹介すると、田植えなどの様子、花卉栽培の様子、畜産、酪農の様子などが写真で紹介されています。

では、実際に移住するには、どうしたらよいのでしょうか。
移住支援活動を見ていきたいと思います。

種子島への農業Iターンを実現させるには

とはいってもまったく知らない土地にいきなり移住するのは無茶ですね。
まず情報を集めなければなりません。

移住支援in種子島、というホームページが運営されているので、それを参考にするといいでしょう。
これには移住支援活動として多くの情報が掲載されています。

まず第一に移住後の生活基板の確保については、農業一本やりではなく、副業を薦めています。
これは、農業だけで生活が確立されるまでの収入源の確保として有効な手段です。

実際に下見をする際にもサポートがあります。
サポートセンターが送迎から希望職種が決まっている場合の見学、面談などの手配、空き住宅や一時滞在施設などの案内もしてくれます。
家族で移住する場合や夫婦のみの場合など、個人の状況に近い先行移住者の体験談も掲載されていますので、サポートセンターにアポイントを取る前に、一読をお薦めいたします。

具体的な移住後の生活がイメージできるでしょう。
例えば、夫婦で移住された方の場合、雇用促進の補助を受けて雇用してくれる農家で農業をされているようです。

補助事業があると、雇う側も移住者もリスクが減りますね。

このように、移住者のリスクを減らす体制も整っています。
興味を持ったら、サポートセンターに一度連絡してみてはいかがでしょうか。

農業求人サイトのおすすめ比較ランキング!

あぐりナビ

求人件数1,000件以上
掲載エリア全国の求人
情報量農家に訪問して情報収集・写真付き満載
その他専任アドバイザーへ無料相談可能(電話・メールOK)

求人を見る

農家のお仕事ナビ

求人件数200件以上

新規就農相談センター

求人件数100件以上
Copyright© 農業Iターン All Rights Reserved.