農業 Iターンの比較ランキング
農業Iターン > 農業Iターンの支援エリア > 米子市 農業Iターン

米子市 農業Iターン


米子市の農業の現状

米子市の農業は土地の分布状況から、おおまかに分けて畑作地帯と稲作地帯に分かれています。
畑作地帯は、野菜などの生産が主に行われており、白ネギ、にんしん、施設園芸、葉たばこ、花卉等の生産が盛んです。
しかし全体的にほ場一区画が小さく基盤整備が進んでいないことおあって、規模の拡大が難しく、担い手不足もあり近年は耕作放棄地が増加しつつあります。
中海干拓事業で造成された彦名干拓地では農業構造改善事業等による大型機械及施設などの導入により、経営の近代化が進められています。
水田地帯では、稲作の単一経営が多く山沿いに畑地、梨、柿、りんごなどの樹園地が拓けておりますが、複合経営が発達していないため、第2種兼業農家が多く、認定農業者を中心とした担い手への農地の集積が進んでいるのが現状です。

農業経営発展の取組みを応援するチャレンジプラン

チャレンジプランとは、農家の経営発展のために、意欲ある農業者や企業的農家などが行う創意工夫をいかした取り組みを支援する事業です。
独自の工夫による取り組みを行っている農業者が作成した、生産や流通に関するプランを県が認定し、認定されたプランに対してはその実現に必要な効果的な支援を県と市町村が連携して行うというものになっています。
これまでには、観光農園が主催する10000人集客プランや有機栽培でのブランド化を目指すプランが発表されています。

米子市が進める認定農業者制度

米子市では、将来の経営計画の具体的な数字目標や行動計画に向かって努力する農業経営者を認定農業者として支援する取り組みが行われており、平成21年4月9日現在、88経営体が認定されています。
米子市担い手育成総合支援協議会が計画の実現に対する具体的な支援や計画づくりもサポートしています。
認定の基準は、米子市が示す、農業経営基盤の強化の促進に関する基本的な構想に農業経営改善計画を照らして、内容が適切か、達成できる計画であるかなど総合的に判断します。
基本構想に示す望ましい農業経営の姿として示されているのは、目標年間農業所得として、主たる農業従事者1人あたり380万円程度、目標年間農業労働時間を主たる農業従事者1人あたり1900時間程度、としています。
認定農業者への支援も充実していて、チャレンジプラン支援事業では、機械、施設などを取得したい場合、取得費用の半額が補助され、アクションサポート事業では、担い手に対する経営そうだん、高付加価値作物導入支援、スキルアップ支援などが行われます。
資金の融通に関しても農業経営基盤強化資金として、農地や機械の取得、施設投資などの用途に利用できる資金を低利で貸し付けており、500万円を超える融資は実質無利子となっています。

鳥取県の就農支援施策

米子市に限らず、鳥取県では新たに農業を始める方への支援が充実しています。
就農条件整備事業、就農・くらしアドバイザー設置事業、青年就農給付金、就農応援交付金、親元就農促進支援交付金などです。
米子市への農業Iターンをお考えの方は、これらの支援策についてまず詳しく調べることから始めるといいでしょう。

農業求人サイトのおすすめ比較ランキング!

あぐりナビ

求人件数1,000件以上
掲載エリア全国の求人
情報量農家に訪問して情報収集・写真付き満載
その他専任アドバイザーへ無料相談可能(電話・メールOK)

求人を見る

農家のお仕事ナビ

求人件数200件以上

新規就農相談センター

求人件数100件以上
Copyright© 農業Iターン All Rights Reserved.